Top >  家庭教師体験記 >  家庭教師という仕事

スポンサードリンク

家庭教師という仕事

家庭教師がいくらがんばっても成果が出ないときはどうしますか?
1ヶ月経っても成績が上がらない場合は勉強の仕方を見直す必要があります。家庭教師は生徒の成績を上げることが仕事なのです。

生徒の成績が上がらないときには家庭学習の時間が足りているか、内容が難しすぎないか、つまずいている箇所をみつけて復習する、などの対応をしないといけません。成績が下がると生徒自身も自信とやる気を失いがちなので、勉強の質と量を落とさずに生徒のやる気も低下させない工夫が必要になってきます。家庭教師の仕事は時給が高いだけあって簡単にはいかないですね。

学校や予備校や塾の先生をしている方が副業で家庭教師をしていることがありますが、教え方などがやはりプロなので違うなあという印象でした。

また将来学校の先生になりたい学生がアルバイトで家庭教師をするケースもあります。人に教えるとおうことは自分の勉強にもなるものですね。


スポンサードリンク

 <  前の記事 体育の家庭教師  |  トップページ  |  次の記事 家庭教師の思い出  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asagi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/451

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「家庭教師exコム」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

お薦めサイト