Top >  家庭教師雑学 >  小学校低学年の家庭学習について

スポンサードリンク

小学校低学年の家庭学習について

自宅学習はよほど学校の授業に遅れていない場合には、自分のペースで進められる、費用がかからない、時間に束縛されないなどの利点があります。家庭教師は費用と時間の束縛がありますが、進度や勉強内容など安心して進めていけることが大きな利点です。

小学校低学年までは親が見てあげることで充分な場合が多いのも事実です。よく学年に10をかけた分、たとえば1年生なら1X10で10分が適した勉強時間といわれていますが、個人による所が大きいと思われます。家庭学習で勉強の習慣をつけて、学年が進んだら塾か家庭教師を考えても勉強をする土台がしっかりできているので効果が出やすいといえます。

低学年のうちは遊びながら勉強に興味を持たせる方法が薦められています。日本地図を部屋に貼ったり、地球儀や天球儀を買ったり、将来学校で勉強する分野に興味を持たせるようにすると、その後の勉強の伸び方も違ってくるといいます。

遊びながら覚えていくことが勉強嫌いにならずに、いつのまにか学習の基礎が身についている勉強方でもあるようです。


スポンサードリンク

 <  前の記事 家庭教師派遣会社のホームページ  |  トップページ  |  次の記事 個人経営の学習塾について  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asagi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/727

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「家庭教師exコム」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

お薦めサイト