Top >  家庭教師雑学 >  家庭教師の教える科目について

スポンサードリンク

家庭教師の教える科目について

家庭教師の教える科目は、生徒の目的に応じ手変わりますが、中学受験、高校受験、大学受験、補習、語学、外国語、美術、音楽はピアノ、ヴァイオリンなどがあります。

一般的には中学・高校・大学受験のために家庭教師を頼むことが多くなりますが、子供の場合、受験する学校のレベルによってもかなり家庭教師に対する期待は変わってきますね。苦手な科目を重点的に教わるのか、学校の成績アップを主眼におくべきか、受験科目に絞って勉強するか、様々な選択肢が考えられます。

時間や金銭的な問題、塾との併用など考えることはありますが、子供本人にとってあまり無理のないスケジュールにしたいものです。経験の多い家庭教師の場合は家庭教師が率先してスケジュールを組んでくれることが多いようです。

大体家庭教師の相場としてはアルバイト学生で1時間2000円前後、初めて家庭教師を頼む場合にもそれほどの負担にならなくてすみそうです。友人の家庭教師にお願いしてみてうまく行ったケースも多くありますので、口コミで評判の良い家庭教師を探してみるのも古典的ですが良い方法です。子供がまだ小さくても情報だけは収集しておくと安心ですね。


スポンサードリンク

 <  前の記事 家庭教師派遣会社の選び方とは?  |  トップページ  |  次の記事 海外の家庭教師とチューター制度  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asagi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/730

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「家庭教師exコム」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴

お薦めサイト